やたら嫌われ者の界面活性剤。
界面活性剤と名がつくものが肌に悪かったのは一昔どころかはるか昔。
現在、化粧品に使われている界面活性剤は、厳しい安全性基準をクリアしたものが使われています。

ひとことで界面活性剤と言っても洗浄用、乳化用、分散用などいろんな種類があります。

例えば洗浄系の界面活性剤。
汚れなど不要なものはキッチリ落とし、うるおいは残すといったタイプのものがよく化粧品に使われているようです。

ただ、クレンジングに入っている界面活性剤だけは皮脂を取りすぎてしまうという残念な点があります。
が、界面活性剤が入っていないとうたっている化粧品の方が逆に恐ろしい。
なぜなら界面活性剤は化粧品にはなくてはならないものだから入っています。

また、自然派、ナチュラルなどうたっている化粧品でも何らかの界面活性剤の代わりになるものが配合されています。

界面活性剤は「悪」ではありません。
化粧品を選ぶ際に”界面活性剤が入っていないものを選ぶ”を基準にするのではなく、今のあなたの肌状態を改善できるものが入っているかどうかを見極めることの方がずっと大切なんですよ。