自分が「臭ってる」って嫌ですよね。
だから気になるニオイ対策をいろいろやってみるワケですが
実はそれだけではイマイチな結果に。

年代によって「ニオイ」がキツくなる原因って
変化するんです。

40代は「肌」、50代は「汗」が匂う!

年齢を重ねるごとに体は劣化します。
それに伴って体が発するニオイも変化します。

気をつけたいのは
下降線に向かうアラフォー世代以降。
代謝が低下する40代では「肌」そのものが臭うようになり、
更年期を迎える50代では汗の質が変化、
ネバネバした汗そのものがニオイの原因になっていきます。

では体全体が臭うのかというとそうではなく、
気をつけてケアをしておくといい部位があるんですね。

部位別!ニオイの元と対策

40代、50代でニオイが出やすくなるのは「頭」。

毎日ちゃんとシャンプーしているのに
なぜか臭う・・・(T_T)

原因は大きく2つあります。

頭は体の中で皮脂腺がもっとも多い

皮脂が多いのでニオイが出やすい。
これに年齢的な要素がプラスされて臭いが際立つことに。
髪の毛だけ洗っていて地肌を洗っていないケースも多いですね。

・対策は・・・
週に1回程度の頭皮クレンジングをおすすめします。
クレンジングオイルを使ってやさしくマッサージしてみてください。
毛穴がキレイになり、ニオイもとれますよ。

炭酸水を使ってみるのも一つ。
炭酸水で頭皮を洗うと、毛穴に詰まった皮脂や汚れがとれやすくなりますよ。

髪がニオイを吸収する

シャンプーのCMなどで髪の毛のイメージ画像を見たことはないですか?
実は髪の毛ってウロコのような形状をしているんです。
だからタバコの煙などその場のニオイをモロに吸収してしまうので
臭くなってしまうんですね。

・対策は・・・
ニオイをブロックしてくれる専用のスプレーなど

ちょっと気をつけただけで
気になっていたニオイが消えてしまうことも。
あまり神経質にならず、ニオイ対策してみてくださいね。