肌の露出が多い季節はダイエット。
秋と冬は食べ過ぎるのでダイエット。
結局一年中ダイエットしている人がほとんどではないでしょうか。

しかし一見、低カロリーで痩せられそうな「ダイエット食品」が原因でかえって体重が増えてしまうという現象が。

例えばヨーグルトや今、話題のスムージー、野菜サラダ、そしてゼロフード。

例えばゼロフードは糖分や脂肪を抑えても、味や風味が落ちないように保存料や添加物が、てんこ盛りに盛られています。

脂肪分ゼロとうたっている低カロリー食品にはなんと「砂糖」が入っているそうなので注意です。
脂肪分が入ってないからと安心して食べていると逆に太ってしまうことに。
また、白砂糖に含まれているショ糖はとり過ぎると「シミ」の原因になるのでこれまた要注意です。

それからこれは体重の増減には関係ないものの、健康被害を受ける可能性があるのでメモ書きを。
スーパーやコンビニで得られているカット野菜、野菜サラダ。ダイエット中に摂る人って結構いるんじゃないかと思います。

しかしこのヘルシーそうな野菜サラダ。
「薬漬け」です。
野菜を切ると、すぐにしなびたり変色してしまうのが普通ですが、パックで売られている野菜サラダは「新鮮」なままのように見えます。

実は、野菜の切り口に次亜塩素酸ソーダという殺菌剤をかけ消毒。
というより、殺菌剤のプールに何度も漬け込んで見かけの新鮮さを演出。しかも濃度を変えて何回も殺菌剤のプールにつけ込むという念の入れよう。
しかもその上、ph調整剤のプールにも漬け込んで仕上げてくれます。これは野菜のシャキシャキ感を出すために行われる行程だそう。

こんな薬漬けの野菜サラダを健康やダイエットでカロリーを抑えるためにとってもキレイに痩せないことウケアイ。
といいますか、長期的に摂っていると病気を引き起こしそうですね。ですから野菜サラダを食べるなら、自分で切った野菜を食べましょう。

それにしてもダイエットをする、ということだけでもかなりのストレスがかかっているのに食べ物のとり方を細かく考えないといけないなんて活性酸素の濃度が急上昇しそうで怖くないですか?

ここは手っ取り早く、サプリメントで解決を。
ダイエットに必要な成分の中には、年齢とともに減っている成分もありますし、痩せるように作られているので結果が出るのが早いです。

例えば売上実績200万個のシースルーライト。
これは酵母サプリメント市場でNO1の売り上げを叩き出しているサプリで、「食べたものを分解してくれる」作用があるサプリです。つまり飢餓(きが)状態にならない、リバウンドしないということ。

30代以降で痩せづらくなるのは
体内で酵素が減り代謝が落ちるため。
不足しているものをプラスしてあげるだけのダイエット。
こういったものなら続けられそうですね。