困った乾燥肌

乾燥とは、肌のバリア機能が正常に働いていない状態。
乾燥肌になると口元や鼻の頭、頬などが粉をふき、ひび割れ、カサカサ・・・。
化粧のりが悪いどころの話ではなくなります。

おまけにバリア機能が損なわれているので、
あなたの肌は防御ボタンにスイッチ・オン。
細胞をもっとたくさん作って肌を守ろうとします。

これが「角質肥厚」。
肌のくすみの原因です。

しかも健康不良な状態でつくられた細胞たちはほとんどが未発達。
大量に角質細胞がつくられる割にはバリアゾーンとして機能しない。
これはマズいと更に厚くなろうとガンバる角層の中は
さらに、さらに未発達な細胞だらけに。

結果、皮膚が凸凹状態。
おまけに角層に水分が保たれていないので肌は硬く、ゴワゴワ。
代謝も悪いのでメラニンも古い細胞も体内にとどまってしまうため
透明感も無くなっていってしまうのです。

このどうしようもない状態から脱するには
とにかく「保湿」。

ただし間違った保湿方法だと乾燥肌は改善されません。

まずは保湿

  • 化粧水をたっぷりつける
  • シートマスクを使って肌を密封、完全「保湿」
  • 化粧水を重ねづけする
  • 携帯用ミストを持ち歩き、オフィスや外出先でこまめに使用する。
  • 乳液(油分)でフタをする

毎日、一生懸命行なっている乾燥対策。
しかしこれらは、一見、肌に水分を与えているようで
実は根本的な乾燥の解消には至ってないのです。
特に化粧水スプレーやミストの使用は
蒸発する際に体内にあった水分までも奪ってしまいます。
だからよけいに乾燥を促してしまうんですね。

毎日、一生懸命行なっている乾燥対策。
しかしこれらは、一見、肌に水分を与えているようで
実は根本的な乾燥の解消には至ってないのです。
特に化粧水スプレーやミストの使用は
蒸発する際に体内にあった水分までも奪ってしまいます。
だからよけいに乾燥を促してしまうんですね。

正しい保湿とは、
『保湿成分を与えること』。
体内から減りつつある保湿成分を補給してあげることです。

体内に十分な保湿成分があれば、たとえ湿度0%になったとしても
潤い肌を保つことができます。
つまり保湿成分があなたの肌の潤いを左右するということ。

では具体的にどうすればいいかというと、
ヒアルロン酸やセラミド配合の美容液を使っての保湿がベストです。

特に速効性があるのがセラミド。
セラミドは使い続けることで
肌に水分量を確実に増やしてくれます。
つまり乾燥しづらくなる。

でももし、現在セラミド入りの美容液を使用しているのに乾燥する、
こう感じているのならその美容液のセラミド含有量が少ない可能性が。
ですのでこの機会に見直しをしてみてもいいかと思います。

また、40代以降であれば
水分だけでなく脂分も同時に減少しやすくなっています。
セラミド配合の美容液と一緒にクリームも使うといいですよ。

あとはピーリングやゴマージュなどの角質ケアもおすすめ。
もちろん、やり過ぎはNGですが、定期的な角質ケアは
ターンオーバーを正常化、もともと体内にあるセラミドを増やすことができます。

正しく保湿ケアをしてあげると 肌の乾燥は必ず改善できます。

乾燥肌、肌荒れを改善するコツ

冬場に肌荒れしやすい原因として、空気の乾燥だけでなく、「便秘」が原因の乾燥肌・肌荒れも多くなります

スキンケアだけでは肌荒れが治らないワケ

寒い季節の方が暑い時期よりも便秘になりやすいんだそうです。
便秘になると何が起きるかというと

・自律神経が悪くなる
・血行が悪くなる

肌荒れが起きる

保湿しても保湿しても 肌荒れが治らない場合には腸の調子を整えてみるのも良い方法です。

ヨーグルトか 腸内細菌改善のためのサプリをとる!となるのですが、
最近の研究で判明したのですが ヨーグルトならどれでもいいワケではないらしいのです。

自分の状態にあった 菌株が入っているヨーグルトを選んだ方がいいようです。

ヨーグルトを買う時に 菌株の種類を気にしてみると良いでしょう。

ちなみに
農学博士の辨野義己(べんの よしみ)先生によると
「トクホマーク」がついてるものを選ぶといいそうです。
このマークがついてると
生きたまま乳酸菌が腸まで届いてくれるんだそう。
日本国内で販売されてるヨーグルトの数は7500種類。
その中からまずはトクホマークのものを選んでご自分に合うヨーグルト選びをしてみてはいかがでしょうか。